教育ローン

国の教育ローンの借入メリット

普段なるべくローンを組みたくない、と考えている方でも、お子さまの教育に関するお金の借入はほぼ100%避けられないと言えるでしょう。

 

教育ローンにしても学資保険にしても、何かしら金銭的な対策が欠かせません。

 

何しろお子さまにそれなりの教育を受けさせるには、1人1,000万円以上のお金がかかりますから・・・。

 

 

国の教育ローンを検討している方も大勢いらっしゃると思いますが、ご参考までにどんなメリットがあるのかピックアップしてみましょう。

 

 

まず、国の教育ローンの借入メリットは高額のお金を一度に手にすることができる点でしょうか。

 

奨学金の場合月々融資を受けるスタイルですが、大金を一括で渡されるので一気にお金が出ていく入学時期などにも頼ることができます。

 

 

更に、申し込み者になることができるのは親だけではなく、6親等以内の身内、配偶者、それに3親等以内の姻族も対象・・・と広い範囲の人物が申し込むことができます。

 

家庭の事情を抱えている方にも、こういったシステムは有難いものではないでしょうか。

 

 

また、学資保険の場合お金を受け取るまでに原則的に満期を迎えなければなりませんし、奨学金も入学が決まってからのタイミングではないとお金が貰えません。

 

その点、国の教育ローンの借入は年間を通して自由に申し込むことができます。

 

従ってAO合格や推薦合格など入学が早い時期に決まるケースにも素早く対応することが可能です。

 

 

幼稚園から大学までのすべての教育費を賄うには十分ではありませんが、節目節目で検討する価値がある借入サービスであることは間違いありません。

 

住宅と電卓

 

 

国の教育ローンの借入デメリット

民間の金融機関の借入サービスではなく、国の教育ローンを検討している親御さんもいらっしゃる筈ですが、確かに奨学金と比べてもメリットは多い印象です。

 

ただし気になるデメリットもいくつか抱えているので、改めて国の教育ローンの弱点をピックアップしてみましょう。

 

 

まず、問題となるのは融資額が低いことでしょう。

 

大体1人300万円までが上限とされるので、トータル費用を全部国の教育ローンで補うことはできません。

 

しかも審査は厳しく、残高不足によって公共料金の支払いを滞らせてしまった金融トラブルなども容赦なくマイナスポイントがつけられてしまいます。

 

 

住宅ローンや他の借入がたっぷり残っている方、普段の勤務状況に問題がある方も融資を受けられない可能性が強いでしょう。

 

そもそも、年収制限があるので年間600~790万円以上稼いでいる方は対象外とされます。

 

 

また、国の教育ローンを申し込むことができる対象者は広く、3親等以内の姻族も申し込み可能です。

 

借入の返済義務を負う人間は結局親ということになります。

 

このあたりのルールはきちんと理解した上で契約しましょう。

 

 

しかも、在学中も利息分に関しては返済を始めなければなりません。

 

据え置くことができるのは元金だけで、利息分だけは通学している間に返さなければなりません。

 

 

その他、急いでいる場合、審査までに10日間前後かかるので民間の借入サービスの方が頼りになるかもしれません。

 

審査が出た後も、口座に現金が振り込まれるまで1週間近くかかることもあります。

 

住宅の画像

 

 

銀行預金にはない学資保険の魅力

子供の教育費を国の教育ローンに頼るか学資保険を契約するのか、あるいは民間の借入サービスを申し込むのか迷っている方も多いでしょう。

 

条件によってベストな借入先は異なるので一概には言えませんが、銀行預金一筋でお子さまの教育費用をカバーするのは無謀です。

 

よほど貯金に余裕がある場合を除き、何らかの借入サービスや保険を利用するのが一般的と言えるでしょう。

 

 

例えば、銀行預金と比べ、学資保険は運用利率が高く、ほとんど利率ゼロの預貯金とは比べものになりません。

 

教育費専用の保険として積み立てるので、違う用途に使ってしまいいざという時頼れない・・・なんてこともありませんし、確実性が高い点も魅力の1つです。

 

 

普段貯金しようと思っても、つい日々の出費でまとまったお金を残すのは難しいものです。

 

毎月強制的に引かれる学資保険なら、普段貯める習慣がなくても自然に目標額に到達しやすいでしょう。

 

 

しかも、学資保険は単純にお子さまの教育関連の費用を貯めるだけではなく、死亡保障や医療保障もつけることができます。

 

保険代の節約という意味でも契約する価値があるプランです。

 

 

更に、万が一お子さまが無事に進学するまでに親が亡くなってしまった場合、その後の保険料の支払い義務は免除され、満期金を受け取ることができる仕組みです。

 

保険システムと専用貯金の良い面を掛け合わせたような商品なので、是非検討してみて下さい。

 

 

その他、基本的に学資保険は税金の対象外とされますが、預貯金の利子に関しては税金が20%引かれてしまうことを考えても、メリットが非常に多い対策と言えます。